法人登記のタイミングで法人印鑑セットと認印も作成する理由

パソコン

法人登記のタイミングで法人印鑑3本セットを作成する会社がもっとも多いです。しかし、中には住所印をセットにした4本セット、認印をセットにした4本セットを購入する会社もあります。ここでは、法人登記のタイミングで法人印鑑セットと認印も作成する理由を紹介します。

法人実印と認印の違い

法人実印と認印の違い
法人実印と認印の大きな違いは、法的効力です。法人実印と法人銀行印の法的効力の違いについて知っておこうという記事でも紹介していますが、法務局に届け出る法人実印は、会社を運営する上でもっとも大きな法的効力を持ちます。反対に認印は、実印より法的効力が弱くなります。会社によっては、法務局に届け出る実印と会社で作成する契約書などに認印を使用するケースも多くあります。

認印を使用することで印鑑偽造や紛失時のリスクを下げることにつながります。また、認印は法務局に届け出た実印でないため、盗難に遭ったとしても法務局で発生する改印届けの手間を省くことができるメリットもあります。

認印と住所印どっちを買ったほうが良いの?

認印と住所印どっちを買ったほうが良いの?
印鑑専門通販では、起業支援キャンペーンセットで「認印」つきの4本セットと「住所印」つきの4本セットを販売しているサイトがあります。どちらを購入するべきかは会社によって異なります。店舗運営をしている会社だったら確実に住所印を購入した方が良いです。ネット系の会社で住所印を全く使用しない会社は、認印のが必要となります。逆に両方の印鑑を必要としないようだったら、法人印鑑3本セットで良いと言えます。

認印が必要な会社は?

認印が必要な会社は?
認印が必要な会社は、代表者の考え方によって変わってくるでしょう。この業種だから作った方が良いということはありません。また、事業規模によって柔軟に作成する方が良いと言えます。事業が大きくなり部署単位で多くの従業員が働き始めると、部署単位の責任者が認印を持っているのも会社の事務フローを簡素化する役割を持ちます。

まとめ

いかがだったでしょうか。法人登記のタイミングで法人印鑑セットと認印も作成する理由を紹介しました。法人実印と認印を分けることはセキュリティリスクを低減させるメリットや、改印手続きをなくす効果もあります。代表者印と登記印を分けることは、会社の事業の安定性を高めます。ちょっとしたオフィスツールの工夫ですが、やっておいて損はありませんよ。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!