法人登記のタイミングで印鑑セットだけでなく個人実印も作成

法人登記のタイミングで印鑑セットだけでなく個人実印も作成

法人登記のタイミングで法人印鑑セットを作る理由は、法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途!会社設立で法人登記申請をするとき会社印鑑は必要なの?などの記事で紹介しています。ここでは、法人登記のタイミングで印鑑セットだけでなく個人実印も作成するべき理由を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

登記のタイミングで実印も作成

個人実印を作成したことがない人は登記のタイミングで実印も作成
法人登記のタイミングで必要となるのは、法人実印・法人銀行印・角印です。この3本があれば法人登記に伴う事務手続きを終わらせることができます。しかし、忘れやすい点として「個人実印」の存在です。自動車ローンなどを契約して車を買ったことがある方なら、シャチハタなどでなく個人実印を持っていると思いますが、個人の銀行口座ぐらいしか開設したことがない場合は長期的に利用することができる個人実印を持っていないケースが多いと思います。
法人登記する時は、区役所や法務局のシステムを利用する時などに個人の実印登録をしなけばいけません。また、会社を作るということは、代表者が様々なタイミングで個人実印をします。このように長年利用することができる個人実印が必要となってきます。

個人実印はどの通販サイトでも問題ない

個人実印は当サイトで紹介している印鑑専門通販だったらどこでも取り扱っています。法人印鑑セットは、使用頻度が高く様々な機関や会社とのやり取りで印鑑を使用します。だから、捺印性や耐久性を重視する必要があります。かたや、個人実印は使用頻度が低いため耐久性などをそこまで重視する必要はありません。

個人実印ならインカンズドットコム

個人実印だったらインカンズドットコムやハンコヤドットコム
個人実印だったら格安で手軽に作成できるインカンズドットコムハンコヤドットコムがおすすめです。激安のアカネを使用した個人実印だったら1,780円から作成できます。また、法人実印にはない宝石入りの印鑑や水晶、パワーストーンを使った印鑑も購入することができます。どちらの通販サイトも商品数が豊富でよりあなたのニーズに見合う商品を探すことができます。まずは、インカンズドットコムのチェックから!

公式サイトで購入

まとめ

いかがだったでしょうか。法人登記のタイミングでしっかりとした個人実印を持っていない場合は同時に作成してしまいましょう。そうすれば、作成の手間も省けることができます。何より法人印鑑セットと同時に作ることにより送料を浮かすことができますよ。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!

法人印鑑を作成するときの選ぶポイントとして形状とアタリの役割と特徴についてご紹介します。ご覧ください。