法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツ

法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツ

法人登記のタイミングで必ず必要になるビジネスツールである「印鑑セット」。実印と銀行印を分けて使用することがビジネスリスクを大きく低減することにつなげるので、印鑑3本セットの購入をおすすめしています。また、事業が始まると法的効力を持たずに領収書、納品書、請求書など様々な用途で使用することができる「角印」も必要になるので一緒に作るようにしましょう!

住所を捺印するケースが多い事業を始めるなら住所印つきの印鑑4本セットがおすすめです。

法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツ

法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツ

法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツ

1.必要な印鑑をしっかりと理解する

上記でも紹介しましたが、必ずしも3本セットで作成する必要はありません。実際、ハンコヤドットコムでは、実印と銀行印を併用するタイプの「実印+角印の2本セット」が販売されています。自身の事業で必要な印鑑だけを購入するようにしましょう。そうすれば使用しない印鑑を購入してしまう失敗を防ぐことができます。

2.高級印鑑か格安印鑑を決める

法人印鑑セットは、7000円代から購入できる印鑑セットから10万円を超える高級象牙印鑑セットまで揃っている印鑑通販サイトが大半となっています。高級印鑑を購入するか、格安印鑑を購入するべきか決めてから印鑑を選ぶようにしましょう。

格安印鑑でも10年保証がついているので耐久性や壊れやすいというリスクは考えなくて大丈夫です。

3.書体を理解する

法人印鑑セットは、事業に使用される印鑑なので偽造リスクをなるべく低くすることが重要となります。書体とサイズの選び方については、「篆書体」と印鑑セットで選ぶことができるサイズを選択しておけば失敗することはありません。もっと詳しく知りたい方は、法人印鑑の書体の種類と選び方の気を付けるべきポイント法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑!という記事で紹介しています。一緒にチェックしてみてください。

まとめ

法人印鑑まとめ
いかがだったでしょうか。法人登記で作成する印鑑セットで失敗しないための3つのコツを紹介しました。起業だったら初めての体験で印鑑の選び方のコツを知らない方が大半だと思います。色々考えるべきこともありますが、もっとも時間をかけずにシンプルに失敗しないで印鑑3本セットを購入するなら当サイトでおすすめしている印鑑通販でおすすめされている様々な印材の印鑑セットを選ぶようにしましょう。

ベンチャーが法人登記する時に格安印鑑がおすすめな理由を紹介しています。今すぐチェック!