フリーランスの法人登記で買わないといけない印鑑セットは?

フリーランスの法人登記で買わないといけない印鑑セットは?

Lancers(ランサーズ)やCrowdworks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサービスがWBS(ワールドビジネスサテライト)などで紹介されている映像を見たことがある方も多いと思います。WEBデザイナーやエンジニア・プログラマーなど技術力さえあれば、クラウドソーシングサービスを活用することにより世界中どこにいてもオンライン上で仕事の受発注、金銭の授受ができるような仕組みができました。それと共に腕に覚えがあればフリーランスで独立して企業から仕事を受けることができるようになりました。しかし、フリーランスといえど個人事業主または法人として会社を作らないといけません。ここでは、フリーランスの法人登記で買わないといけない印鑑セットをご紹介します。

フリーランスが法人登記する場合も同じ

フリーランスが法人登記するということは、要するにひとり社長で株式会社を立ち上げることと同義です。よって、フリーランスで独立して会社を立ち上げる人が必要な法人印鑑の種類は、実印と銀行印です。しかし、会社設立で法人登記申請をするとき会社印鑑は必要なの?という記事でも紹介していますが、実印と銀行印を個別で作るより後々必要になる角印も含めた法人印鑑3本セットを購入した方が結果的に費用を抑えることにつながります。フリーランスで独立するならスタート時期から仕事をたくさん受注できるように印鑑より名刺にこだわった方が良いと思います。法人印鑑セットをもっとも格安に購入できるインカンズドットコムの利用をおすすめします。

公式サイトで購入

法人印鑑3本セットにプラスして住所印をセットにした印鑑4本セットを購入する方も多くいます。ただし、フリーランスの方だと住所印のニーズはとても少ないので3本セットで問題ないと言えます。

女性のフリーランスなら下記の記事も合わせてチェック!

女性起業家におすすめの大人オシャレ印鑑ならハンコヤドットコムです。可愛さの中にセンスが光る逸品を紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。フリーランスを目指す人に必要な法人印鑑セットを紹介しました。フリーランスで独立でも会社を設立するのと同じ印鑑が必要です。年収で600万円を超える目処が立っているなら法人として登記する方が節税にもつながります。個人事業主でも法人でも作成する印鑑の種類に変わりはありません。事業形態や売上見込みに合わせてネット専門印鑑通販で購入するようにしましょう。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!

法人印鑑セットを購入できるおすすめ通販サイトを紹介しています。今すぐチェック!