シャチハタの認め印を作るならハンコヤドットコム

シャチハタの認め印を作るならハンコヤドットコム

認め印にシャチハタを使うケースはとても多いと思います。会社で働くビジネスマン・ビジネスウーマンでシャチハタの認め印を持っていないケースは少ないでしょう。ここでは、会社で働く社員が手軽に使うことができる認め印の用途とおすすめの印鑑通販サイトを紹介します。新入社員として会社に入社するときに役立つ情報です。右も左も分からないことを武器に貪欲に様々な知識を勉強しましょう。

会社認め印と個人の認め印の違いは

会社認め印と個人の認め印の違いは
銀行口座やちょっとした手続きをする時に個人でもシャチハタなどの印鑑を持っていますよね。それと同様に会社にも認め印が存在します。会社の印鑑を捺印するときに実印や銀行印を押したくないという時もあると思います。(例えば、申込書や法的効力を持たない簡易的な契約書を締結するときは実印でなくても大丈夫なケースが多いです。)会社でも認め印を導入することにより、法的効力を持つ印影を多くの書類に存在させるリスクを軽減することができます。また、役員クラスの役職者に会社の認め印を持たせることで事業の意思決定やスピードが早くなるというメリットもあります。

会社の認め印を役職者が保有するだけで事業スピードが上がるケースもありますし、変わらないケースもあります。印鑑というよりは稟議と決裁の仕組みが大きく関係してきます。

個人の認め印も会社印と同様、ちょっとした用途で捺印するケースに使用することができます。ただし、会社の認め印同様、個人の証明として使うことはできないデメリットがあります。100円ショップなどで購入することもできますが、社会人だったら少しは見た目が良いワンランク上のシャチハタ印鑑が良いと思います。格安でオーダーメイドのシャチハタの認め印を作りたいならハンコヤドットコムがおすすめです。(ハンコヤドットコムは印鑑専門通販のため、珍しい名字の方もオリジナルのシャチハタ印を作ることができますよ。)

ハンコヤドットコムとは

ハンコヤドットコムは、TVCMなどで有名な国内最大手の印鑑専門通販です。個人用の印鑑に始まり、会社印鑑まで購入することができる豊富な品揃えの印鑑専門サイトです。シャチハタはインクの補充なども必要ないため手軽だけど、朱肉で捺印して鮮やかな印影を演出できる本格的な認め印も欲しいという方にも対応しています。

認め印と実印を併用するケースはおすすめできません。リスクヘッジでなるべく実印と認印は分けるようにしましょう。まずはハンコヤドットコムの公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトで購入