法人印鑑とは | 会社設立時に必要なビジネス用品

法人印鑑とは | 会社設立時に必要なビジネス用品

法人印鑑は法務局や銀行に届け出て会社の正式な印鑑として登録するビジネス用品です。法務局や銀行に登録された印鑑(印影)は法的効力を持ち、一度その印鑑が捺印されればその企業が正式に発行した書類として使用することができます。ここでは、会社設立準備中の方向けに法人印鑑についての基礎知識を紹介します。法人印鑑はあくまで単なるビジネス用品ですが、一度捺印された書類が社外に出回れば正式な意思決定フローを経て発行された書類として扱われます。

法人印鑑をざっくりまとめると

法人印鑑をざっくりまとめると下記の通りとなります。

  • 会社設立時に必ず作成しなければいけないビジネス用品で一般的に会社の実印(丸印・代表者印とも言う)、銀行印、角印の3本セットを指します
  • 3本セットで作成するのが一般的ですが、実印・銀行印の2本セットでも問題ありませんし、極論をいうと実印1本のみで法人登記をすることも可能
  • 個人用印鑑との違いは角印を作る点です。実印と銀行印は個人用途でも法的効力を持つ大事な物です

法人印鑑は会社設立時に必ず必要なビジネス用品という位置づけですが、法的効力を持つので取扱や保管は細心の注意が必要です。今すぐ格安で耐久性が高い高品質な法人印鑑3本セットを購入したいなら下記の記事をチェック! もっと法人印鑑についての知識を深めたいなら引き続き読み進めてください。

各種印鑑専門通販で販売されている会社印鑑3本セットの最安値を一覧で紹介しています。

法人印鑑3本セットのそれぞれの用途は?

法人印鑑3本セットのそれぞれの用途は?
法人印鑑3本セットのそれぞれの用途は下記の通りとなります。

  • 実印……会社が発行した正式な契約書などの重要書類に捺印する印鑑。法務局に登録する印鑑です。紛失や盗難に遭ったら悪用される可能性もゼロではないので、すぐに変更届の手配や主要取引先などに被害範囲を確認する必要があります。
  • 銀行印……銀行で法人口座を開設する時に登録する届出印。銀行以外で使用するシーンとして、法人名義のクレジットカードなどを作る時に利用します。法律的に実印と一緒でも問題ありませんが、盗難などのリスク回避のためにほとんどの法人が別々に作成しているといわれています。※当編集部も銀行印と実印を分けています。
  • 角印……法的効力を持たない書類に使用します。例えば、納品書や発注書、請求書などに使用します。会社設立のタイミングでは不要ですが、すぐに角印を購入しなければいけないタイミングが来るので一般的に法人印鑑セットと一緒に作成します。

法人印鑑をセットで作成すると確実に安く購入することができます。できるだけ一度で必要な印鑑を購入したいなら住所印(ゴム印、組み合わせ印)も一緒に作成することをおすすめします!

多くの人が商品を比較する時に気にするのが価格帯と商品の値段です。価格帯を知ることで自分が市場から外れた価格で購入してない(ぼったくられていない)ということを理解すると共に比較する基準にします。次に商品の値段です。価格帯の相場を理解した上であ...

銀行印と実印は一緒でも問題ない

上記で簡単に触れていますが、銀行印と実印は登録する機関が別々なので一緒でも問題ありません。しかし、紛失した時に悪用されるリスクが2倍になります。また、再作成して各機関に再登録する手間が二重で発生してしまうのでおすすめしません。さらに会社が大きくなってくると銀行印と実印を捺印する責任者が異なってくる可能性もあります。社内のセキュリティ管理でも別々に作成するのがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。会社設立時に必要なビジネス用品である法人印鑑を紹介しました。ここで紹介した以外にも知っておくと良い知識はありますが、会社運営準備などを優先したいなら当サイトでおすすめしている法人印鑑通販サイトで印鑑3本セットを購入してください。ちなみに通販サイトの方が価格が安く品質が高い商品を購入できます。お店まで足を運ぶ手間が削減できるのも良いですね。

脱サラ起業ならはんこプレミアムの格安法人印鑑3本セットがおすすめです。お金を倹約することができます。今すぐチェック!