合同会社設立に必要な法人印鑑の種類は何本あるの?

合同会社設立に必要な法人印鑑の種類は何本あるの?

インターネット環境の整備や都心を中心にコワーキングスペースの増加、日本政府の起業支援の体制などが要因となりインターネット系のサービスを中心に起業がしやすくなっています。アメリカでは当たり前ですが、最近では合同会社(LLC)として設立するスタートアップ企業も増えてきています。日本の合同会社は株式会社のように株主がいるわけではなく代表社員といった形で数人の代表者が会社設立費用を出資して、それぞれで利益を分かつ仕組みとなっています。ここでは、合同会社設立に必要な法人印鑑の種類を紹介します。

多くの人が商品を比較する時に気にするのが価格帯と商品の値段です。価格帯を知ることで自分が市場から外れた価格で購入してない(ぼったくられていない)ということを理解すると共に比較する基準にします。次に商品の値段です。価格帯の相場を理解した上であ...

合同会社で必要な印鑑は3種類

合同会社で必要な印鑑は3種類
合同会社設立で必要な法人印鑑は、株式会社同様、実印・銀行印・角印となります。とても小さい規模で事業を行うから角印は不要という考えはNGです。角印は実印を押す必要がない簡易的な書類などに使用するものです。請求書や納品書・領収書などに活用するケースも多いです。ハンコヤドットコムは合同会社設立セットという商品も存在しますが、他のサイトで購入する場合は株式会社同様のセットで作成すれば問題ありません。なお、印鑑を注文する時に合同会社と株式会社を間違えないようにしましょう!

法人印鑑の作り直しがないように印影プレビューをしっかり

法人印鑑の作り直しがないように印影プレビューをしっかり
法人印鑑セットの作成に失敗してしまうと作り直しが発生してしまいます。当サイトで紹介している法人印鑑専門サイトは全て印影プレビューを確認できる仕組みになっています。会社形態・会社名の入力ミスが起きないように印影プレビューで確認しましょう。もし、注文完了した後に間違いに気づいたら急いで問い合わせ窓口に電話してみてください。もしかすると変更依頼が間に合う可能性もあります。

合同会社は法人登記の設立費用も安く済むので法人印鑑セットも作り直しをしないで当サイトで紹介している格安印鑑セットで済ましてしまいましょう。inkans.comで作成するともっともコストパフォーマンスが高いですよ!
inkans.comなら会社設立に必要な法人印鑑3本セットがかなりお得です。今すぐチェックしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。合同会社設立時に必要な法人印鑑の種類を紹介しました。株式会社と比較すると年間の設立数は5分の1程度となりますが、合同会社を設立する方も増えてきています。代表となる社員が全員で出資して利益を全員で供与するという仕組み以外は、決算や納税の義務もあるので株式会社と概ね一緒と捉えておいて問題はありません。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。