初めて会社印鑑を購入するならコレ!3つのおすすめ印材を紹介

初めて会社印鑑を購入するならコレ!3つのおすすめ印材を紹介

初めて会社を立ち上げるとき、必ず必要になるのが会社印鑑です。契約書などに使用する法人実印、銀行口座の開設時に使用する法人銀行印、見積書や請求書などに使用する法人角印の3点セットが一般的に買うべき会社印鑑になります。ただ、初めて印鑑を購入する時は、どれにすればいいのかわからないですよね。印材もたくさんあるので選びきれない人も多いと思います。そこで今回は初めて会社員感を購入するときにおすすめの印材を3つ紹介します。

会社印鑑の詳しい使用用途についてはこちらをチェック!

法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途を個別に紹介しています。今すぐチェック!

初めて会社印鑑を購入する時おすすめの印材3選

初めて会社印鑑を購入する時おすすめの印材3選

柘(つげ)

柘は木製の素材を使った印材で、もっともポピュラーで安価なものです。どの印鑑通販サイトでも売っており、最安値で購入するならおすすめの商品です。安価にも関わらず、密度が高く硬度も高いのでコストを掛けずに印鑑を購入するなら柘がベストです。ベンチャーが法人登記する時に格安印鑑がおすすめな理由の記事でも紹介したようにベンチャー企業の立ち上げ時などはできるだけコストを抑えて買う必要があります。そんなときには柘の印材を選ぶと後悔なく使用することができますよ!

高品質・格安印鑑を販売するインカンズドットコムでは8,480円で購入することができますよ。

彩華(さいか)

柘よりは少し値段が上がりますが、比較的安く購入できる印材です。環境に優しいエコな印材で、黒彩樺・茶彩華・赤彩華の3種類が基本的に売られています。耐久性に優れており伸縮性が良いため長年使っていてもひび割れしにくい特徴があります。コスパと耐久性を兼ね備えた印材なので初めて印鑑を購入する時はおすすめです。

チタン

チタンは印材の中でも最も高価な印材で、マテリアル超金属が原料です。シンプルでかつスタイリッシュな見た目をもち、高級感のあります。強度や耐久性にかなり優れており、湿気や高温にも強いさびにくい特徴があります。さらに、特別なメンテナンスは必要なく使い勝手も抜群です。高級感があり、優れた耐久性をもった印材を探しているならチタンが最もおすすめです!

チタンを購入するならこちらの記事も合わせてチェック!

会社設立でチタン印鑑を作成する時の3つの注意点を具体的に紹介しています。チタン印鑑は会社印鑑の中でも高価な部類に入るので注意しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は初めて会社員感を購入するときにおすすめの印材を3つ紹介しました。それぞれ特徴があり、価格帯も全く異なります。どこを重視するかによって印材を決めると良いですが、どれか迷っているならこの3つの中から選ぶと間違いなく大丈夫です!
ぜひ参考にしてみてくださいね!