木製印鑑とチタン印鑑の違いとメリットデメリットとは

木製印鑑とチタン印鑑の違いとメリットデメリットとは

当サイトでは、法人登記の時に作成する印鑑セットを様々な観点から紹介しています。ここでは、定番の木製印鑑とスタイリッシュさを追求したい方向けのチタン印鑑の違いを紹介します。それぞれの印材にメリットデメリットが存在します。色々な観点から比較することでより良い印鑑を手に入れることができます。

木製とチタン印鑑の違いとは

木製とチタン印鑑の一番の大きな違いは、価格と素材の耐久性にあるといわれています。パナソニックがタングステン素材の印鑑を販売されたニュースなどが配信されていますが、印鑑の実用性でいうとチタンもタングステン素材に負けず劣らずの耐久性と耐熱性が保証されています。(タングステン素材の数千度の熱でも燃えないというレベルほどではありませんが……)また、チタン印鑑は木製印鑑の3倍〜8倍の価格が相場となっています。安価に法人印鑑セットを提供するサイトでも数倍の価格差が生じてしまいます。

チタン印鑑と比較すると木製印鑑は耐久性と耐熱性に劣ります。木製印鑑を使用していると印面が摩耗したりチップしたりする可能性があります。また、火事で印鑑が燃えてしまう可能性もありますが、実用面で考えると木製印鑑でも10年間の品質保証がついているので全く問題ないといえます。

メリットデメリットは?

メリットデメリットは?
それぞれの印材にメリット・デメリットがあります。簡単にいうと、チタン印鑑は耐久性が高く重厚感があるシルエットなので相手にプラスのイメージを与えることができるが価格が高い傾向にある。木製印鑑はチタン印鑑と比較すると耐久性に難があるが、実用面は全く問題なく安価に購入することができる点が強みです。

木製の法人印鑑3本セット、8千円代から、チタン印鑑の法人印鑑3本セットは3万円代から購入できるのが一般的となっています。長い年月付き合うことになるビジネス用品なので奮発して、高級チタン印鑑をGETするのもおすすめですよ!

Inkans.comがおすすめ

木製印鑑

8,480円の激安印鑑
木製印鑑やチタン印鑑を購入するならInkans.com(インカンズドットコム)の印鑑通販サイトがおすすめです。個人印鑑、法人印鑑、オシャレ印鑑など様々な種類の印鑑を販売しており、木製やチタンなど印材の種類も豊富です。Inkans.comの木製印鑑は、柘(アカネ)と薩摩本柘、茶彩華、赤彩華、黒彩樺の5種類があります。なかでも最も安いのが柘(アカネ)という印材で、法人実印なら3,580円〜販売しています。お得な3点セット(法人実印・法人銀行印・法人角印)なら8,480円です。通常よりも30%OFFで購入することができます。

公式サイトで購入

チタン印鑑

チタン印鑑
また、Inkans.comのチタン印鑑は、ブラストチタン・純チタン・ブラックチタン・プレミアムゴールドチタン・鏡面ブラックチタン・鏡面ゴールドチタンの6種類があります。ブラストチタンが最も安く、法人実印なら7,880円〜販売しています。お得な3点セットは30,880円です。木製印鑑よりも3倍以上高いですが、耐久性が高く捺印性能も抜群なので人気の商品です。
Inkans.comなら木製印鑑もチタン印鑑も購入できて、種類も豊富。ネットで簡単に注文可能なので今すぐチェックしましょう!

公式サイトで購入

まとめ

いかがだったでしょうか。木製印鑑とチタン印鑑の違いを紹介しました。それぞれの印鑑が持ち味を持っています。価格や耐久性などを総合的に加味して比較検討してみてはいかがでしょうか。印材を比較するのも大切ですが、低価格で高品質かつ格安な印鑑が欲しいならインカンズドットコムがおすすめですよ!

格安ゴム印を作成する時に気をつけたい3つのポイントという記事で格安でゴム印を作成するには法人登記時に必要な印鑑3本セットと一緒に作成するとお得に送料無料で作れると紹介しました。(多くの印鑑通販サイトは5,400円以上の購入で送料無料となりま...