会社印鑑を選ぶ前に法人名を確定させるべき理由とは

会社印鑑を選ぶ前に法人名を確定させるべき理由とは

会社印鑑セットは会社設立時に必ず必要になるビジネス用品です。会社印鑑3本セットを作成することで法務局に届け出る会社の実印登録、銀行口座開設に伴い銀行に提出する銀行の実印登録などを実現することができるようになります。法務局や銀行に登録する印鑑は一度登録したら、その印鑑を元に全ての手続をすることになるのでとても重要となります。盗難にあったら使用されてしまうこともありますし紛失したら再登録が必要となるので手間がかかります。ここでは、会社印鑑を選ぶ前に法人名を確定すべき理由を紹介します。

必要な物が全て揃う会社印鑑のネット通販サイト3選を紹介しています。今すぐチェック!

会社印鑑の作り直しはお金がかかる

会社印鑑の作り直しはお金がかかる
当たり前のことですが、会社印鑑の作り直しにはお金も時間も手間もかかります。会社印鑑は通常、実印・銀行印・角印の3本セット or 実印・銀行印・角印・住所印の4本セットで作成するのが一般的です。注文する印鑑通販サイトによって価格は異なりますが、もっとも安い印材を使用した印鑑セットでも8,000円台で高い高級印材を使用すれば3万円を超えるのが一般的です。このように会社印鑑を作成すると多額のお金と手間がかかります。

会社名を決めた後に変えたくなるケースが多い

自身も経験したことですが、関係者で合意して会社名を決めた後に変えたくなるケースが多いです。例えば、ゴロが悪いとか、もっと良い社名を思いついたとか、日本国内では問題ない名称だが海外で名乗ると差別発言になってしまう、などが原因で一度決定した後に社名を変える可能性は低くありません。

どうしても変更せざるを得なくなるケースもありますが、極力その可能性を低くするために印鑑セットを発注する前に念押しの確認をしておくと良いでしょう。
高品質で安価な会社印鑑3本セットなら彩樺がおすすめです。格安で購入できる理由を今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。会社印鑑は意外と出費がかかるので作り直しが発生しないように法人名を確定させて、やっぱり変えるということがないようにしましょう。どうしても変えなければいけない時もあると思います。そのような時は印鑑セットの費用が無駄になってしまいますが、作り直しましょう。社名はイメージも大切ですよ! 当サイトでおすすめしている格安印鑑セットが購入できるInkans.comで購入しておけばトータルの制作費用を抑えることができます。無難な印鑑セットで費用を抑えたいというニーズがある方は今すぐ公式サイトをチェック!

公式サイトで購入