ネット通販で社印を作成する時に気をつけたい3つのポイント

ネット通販で社印を作成する時に気をつけたい3つのポイント

ネット通販で社印を作成する時に気をつけたいポイントはたくさんあります。チタンの法人印鑑セットを比較する前に理解しておきたいこと法人印鑑セットの評判だけを参考にして印鑑を購入するコツなどの記事で法人印鑑セットを作る時に気をつけたいポイントを紹介しました。ここでは、仕事でネット通販を利用して社印を作成する時に気をつけたい3つのポイントを紹介します。

ネット通販で社印を作成する時のポイント

ネット通販で社印を作成する時のポイント

1.会社で許可される社印の価格帯を確認する

社印を作成する時に許可される価格帯を確認するようにしましょう。象牙やチタンなどの印材を使用した社印となると、3万円〜20万円までの価格帯で販売されています。会社によっては、社印を1万円以下に収めなければいけないなどの制約がある可能性があります。ネット通販で印鑑を購入する前に確認しましょう。

一般的な印鑑専門通販の社印は、実印 or 銀行印でもっとも格安で千円台、法人印鑑セット(実印・銀行印・角印)で7千円台となっています。

2.ネット通販で購入して良いのか確認する

そもそも、ネット通販で購入するのを禁止している会社もあります。どうしても急ぎでネット通販で購入したい場合は、上司に相談するようにしましょう。裏ワザというほどではありませんが、上司にお願いして個人で立て替え払いして領収書で添付して経費精算で提出する方法なども可能と言えます。

3.印影プレビューで発注ミスがないように!

多くの印鑑専門通販では、ネット上で実際に彫られる印影を確認する仕組みが導入されています。ネット通販なので購入する前に印影プレビューで実際の仕上がり状態を確認して、発注した社印が届いた後に『こんな仕上がりを想像していなかった……』ということがないようにしましょう。こうすることによりあなたの発注の手間と確認の手間を減らすことができますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか。ネット通販で社印を作成する時に気をつけたい3つのポイントを紹介しました。ここで紹介した以外にも、印鑑サイズ書体の選び方など様々な気をつけたいポイントがありますが、そもそも社印を購入するのにネット通販を禁止していたら意味がありません。また、今までずっと決まった業者に注文していたから同じ業者に注文する必要もありません。当サイトで紹介している印鑑専門通販もクオリティでは負けないと言っても過言ではありません。良い社印を購入するポイントは”印材の価値を活かした加工ができる”という点です。いくら最高級の印材を使用しても印鑑の加工で大きくクオリティは変わりますよ!当サイトでおすすめしている印鑑通販もチェックしてみてください。

法人登記で必要な激安法人印鑑セットを買える通販サイトを紹介しています。今すぐチェック!