株式会社の設立登記に必要な会社印鑑と値段

株式会社の設立登記に必要な会社印鑑と値段

株式会社の設立登記に必要な会社印鑑と値段を紹介します。法人印鑑の作成は何度も行うものではありません。ざっくりと理解しておけばOKです! NPO法人合同会社個人事業主で法人印鑑セットを作ろうと思っている方はそれぞれのケースで覚えておくべきことを紹介しています。チェックしてください。
合わせて読みたい:

法人登記で必要な激安法人印鑑セットを買える通販サイトを紹介しています。今すぐチェック!

株式会社の設立登記に必要な会社印鑑

株式会社の設立登記に必要な会社印鑑は、NPO法人や合同会社と同様です。法務局に登録する実印(会社印)と銀行に登録する銀行印と請求書や納品書などに捺印する角印です。設立時に必要な印鑑は会社印と銀行印ですが、セットで作ると安上がりのため角印を含めた会社印鑑3本セットを作っておくと、経費の削減と後々の手間を省くことになるので3本セットで作ることをおすすめします。

住所ゴム印も含めた4本セットなどで販売している印鑑専門通販も存在します。チラシなどを最初からたくさん配布するような事業を開始する場合は住所印も含めた4本セットで作りましょう。

株式会社の会社印鑑の値段

株式会社の会社印鑑の値段
会社印鑑の値段はピンからキリまであります。当サイトでおすすめしている印鑑専門通販は、品質も価格も考慮した格安印鑑の専門通販サイトです。※どの印鑑専門サイトも10年保証 or 20年保証がついているため、品質には問題ありません。編集部で作成した印鑑も3年以上経っていますが、使えなくなったり印影が薄くなることは一切ありません。
当サイトで紹介している印鑑は7千円〜8万円といった価格帯です。印鑑の素材で価格が大きく変わります。こだわりがなければ格安印鑑素材である柘(アカネ)がおすすめです。インカンズドットコムだったら7千円台で印鑑3本セットを購入することができます。象牙やチタンなどの素材は高級印鑑の部類に入り、5万円以上するケースが大半です。事業形態やクライアントの業種などにより印鑑に見栄えが必要なケースも出てくると思います。例えば、WEBマーケティングなどを専門としている会社だったら印材にこだわらず格安で問題ないケースが多いでしょう。それぞれの事業体に合わせた最適な印鑑を選ぶようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。株式会社の設立登記に必要な会社印鑑と平均的な価格を紹介しました。用途に合った印鑑を購入することをおすすめします。当サイトでおすすめしている格安印鑑専門通販をチェックしてみてください!ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!
まずは、格安印鑑が取り揃っているインカンズドットコムの公式サイトをチェック!

公式サイトで購入