玄武の法人印鑑セットの価格をネットと店舗で比較!

海ではしゃぐ若者

玄武と言えば中国の四神(白虎、青龍、朱雀、玄武)を思い浮かべる方が多いと思います。また、男性だったらロマンシングサガなどでお馴染みのワードですよね。余談はさておき、今回は玄武の法人印鑑セットの価格をネットと店舗で比較して紹介します。玄武の印鑑を購入しようとしているなら今すぐチェック!

玄武の法人印鑑セットの価格

玄武の法人印鑑セットの価格
玄武の法人印鑑セットの価格は下記の通りとなっています。角印の大きさが異なる2つの種類が販売されています。玄武はグリーン購入法の適合商品として販売されており、エコロージーと使い勝手の両面を追求した法人印鑑です。木製印材の彩樺と同様の製法で制作されているので、黒彩樺(玄武)と呼ばれることもあります。従来の薩摩本柘と比較すると独特の重厚感と持ちやすさに定評がある法人印鑑です。個人実印などの用途で使用する方も多いです。

  • 法人登記3本セット(角印21mmタイプ)……23,180円(税込・送料無料)
  • 法人登記3本セット(角印24mmタイプ)……23,380円(税込・送料無料)

上記の価格帯は、印鑑ネット通販で年間の印鑑出荷実績が35万本以上あるハンコヤドットコムの販売価格となっています。ハンコヤドットコムは環境に優しい製法で作成された法人印鑑を多く販売している点でも、環境問題を気にする方から好評を得ています。なお、玄武の印鑑素材を使用した印鑑はハンコヤドットコムの限定販売となっています。彩樺の木材を使用した印鑑はたくさんありますが、玄武のように重厚感溢れる商品はハンコヤドットコムのみとなっています。

街の印鑑屋さんの玄武の販売価格

筆者は玄武が販売されている街の印鑑屋さんや大手はんこやチェーン店の公式サイトなどをチェックしましたが、玄武の法人印鑑・個人印鑑が販売されている店舗はありませんでした。価格比較ができなく残念ですが、薩摩本柘の一例をとると街のはんこ屋さんは、印鑑専門のネット通販と比較すると約3倍程度の価格になっています。ネット通販の木材の品質が低いわけではありません。純粋に無店舗経営と店舗経営のコストのかかり方の違いで店舗印鑑ショップの方が価格が高くなっていると想定できます。よって玄武の法人印鑑セットもネット通販で購入することをおすすめします!
上記で紹介した玄武の印鑑セットはハンコヤドットコムで購入できます。ハンコヤドットコムでは、玄武以外にもチタン、象牙、薩摩本柘、アカネ、オランダ水牛、琥珀などの印鑑素材を使用した印鑑セットを取り揃えています。まずは、公式サイトをチェックして気になる印鑑を購入しましょう。最短即日発送、5,4000円以上の購入で送料無料、実際の印影をオンライン上で確認できるので注文ミスが起きない! ハンコヤドットコムもおすすめです!

公式サイトで購入

まとめ

いかがだったでしょうか。玄武の法人印鑑セットの価格をネットと店舗で比較して紹介しました。上記で紹介している通り、残念ながら玄武の法人印鑑・個人印鑑については流通量が限定されているため、店舗で販売されているケースはごくまれです。ネット通販を利用するようにしましょう!