法人実印と法人銀行印を分けて作成する時のポイント3つ

法人実印と法人銀行印を分けて作成する時のポイント3つ

起業や開業などで新しく会社を設立するときに必要となる法人実印と法人銀行印。法人実印は法務局に、法人銀行印は銀行に届け出をだすので会社にとって非常に重要な法人印鑑です。サイズや印材、書体などを決めて会社オリジナルの法人印鑑を作成しますが、法人実印と法人銀行印はどちらも丸印で印影も似ているので見分けがつきにくいという懸念があります。法人実印と法人銀行印を見た目で分かりやすく判断できるように作成すると、ストレスや手間なく利用することができるのでおすすめです。そこで今回は法人実印と法人銀行印を分けて作成するときに気を付けるべきポイントを3つご紹介します。

法人実印と法人銀行印は分けて使ったほうが良い

法人実印と法人銀行印は分けて使ったほうが良い
法人実印と法人銀行印を使い分けた方がいい3つの理由の記事でもご紹介した通り、法人実印と法人銀行印を分けて作成すると、偽装や不正があったときのリスクや紛失や盗難に遭ったときの手続きの手間、印鑑の劣化のリスクをを最小限に抑えることができます。分けて作成すると費用は2倍になりますが、その後のリスクや手間を考えると絶対に別々で作成したほうがいいです。

法人実印と法人銀行印の作成時のポイント

法人実印と法人銀行印の作成時のポイント
法人実印と法人銀行印を別々で作成するといっても見た目であまり区別ができず判断しづらいですよね。どうすればぱっと見ただけで判断できるのでしょうか。法人実印と法人銀行印をを作成する時のポイントは3つです。

1.書体を変える

書体を変えましょう。法人実印や法人銀行印の書体は法人印鑑の書体の種類と選び方の気をつけるポイントでご紹介していますがセキュリティー上、可読性の低い篆書体もしくは吉相体のどちらかが望ましいです。そこで法人実印は吉相体、法人銀行印を篆書体にすると印面を見て判断することができるようになります。

2.大きさを変える

大きさを変えましょう。法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑!の記事でご紹介したように法人実印のサイズは18.0mmもしくは21.0mmが一般的な大きさで、法人銀行印は16.5mmもしくは18.0mmが一般的な大きさです。そのため法人実印を21.0mm、法人銀行印を16.5mmにするという風に大きさを変えると見た目で区別がつきやすいです。

3.印材を変える

印材を変えましょう。この方法が最も見た目で区別できるポイントです。例えば法人実印は薩摩本柘や赤彩華など木材を使った印材にして、法人銀行印はオランダ水牛や象牙、チタンなど木材以外の印材で作成するなど見た目で判断しやすい印材をチョイスするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、見た目で判断しづらい法人実印と法人銀行印をぱっと見ただけで見分けられるようにするために、注文するときに注意すべきポイントを3つご紹介しました。このように別々に法人印鑑を購入するなら「インカンズドットコム」がおすすめです。インカンズドットコムなら高品質なものを低価格で購入することができるので法人実印と法人銀行印2本買ったとしても安く購入することができます。印鑑を購入する予定の人はまず公式サイトをチェックしましょう。

公式サイトで購入


おすすめの記事:

法人実印と法人銀行印を同じにするメリットデメリットを紹介しています。法人印鑑を作成する前に知っておくと良いですよ!