知らないとNG!法人銀行印を比較するときのポイントとコツ

知らないとNG!法人銀行印を比較するときのポイントとコツ

法人銀行印を作ったことがない方はとても多いと思います。通常、法人銀行印は印鑑3本セットを作成する時に一緒に作るケースが大半を占めます。ここでは、会社で使用する実印と銀行印を発注することになったけどよく分からないという方のために法人銀行印を比較するときのポイントとコツを紹介します。これを確認することでより確実にミスのない印鑑購入を実現することができます。

法人銀行印の用途と目的

法人銀行印の用途は限定されています。それは法人銀行口座を開設する時に提出するお届け登録印としての用途です。銀行口座に預けてあるお金の入出金をする時に必要となります。あという記事でも紹介していますが、法人の実印(代表者印)と兼用することはおすすめできません。なぜなら、銀行印の盗難にあった場合、法人実印も一緒に紛失してしまうことにつながるからです。銀行印と法人実印を併用していると銀行などの金融機関への届け出を変更するだけでなく、法務局や印鑑証明書の変更手続きも発生してしまいます。会社運営をスマートにするためにも銀行印と実印を分けて作成するのがポイントです。

インカンズドットコムなどの印鑑専門のネット通販は、会社設立印鑑3本セットを販売しており個別に購入するより格安で購入することができます。また、ハンコヤドットコムで会社印鑑セットを買うといつ届くの?という記事で紹介していますが、多くの印鑑通販サイトは最短即日発送をしてくれるので急ぎの時にも活用することができます。

法人銀行印を比較するときのポイントとコツ

法人銀行印を比較するときのポイントとコツ
法人銀行印を比較するときのポイントは、下記の通りです。

  • 印材……チタンや象牙などを始めとして法人印鑑には様々な印材が存在します。高級な印材から安価な印材が存在します。事業に合わせて最適な用途の印材を選ぶ必要があります。WEBサービスなどを運営する法人だったら安価な格安印材を選ぶと良いでしょう。
  • 値段……上記でも紹介しましたが、銀行印だけを単独で作成すると高くつきます。耐久性がある印鑑セットを購入して銀行印だけ追加で発注しないようにしましょう。ただし、金融機関別に銀行印を別に作成するケースもあります。格安で銀行印を購入するならインカンズドットコムもおすすめです。
  • 捺印性……朱肉になじみやすく捺印性が高い印鑑を購入するようにしましょう。
印鑑の偽造が100%不可能な銀行印を作るのは難しいです。お札の印刷にも使用されている「篆書体」を使用すると偽造がしずらいと言われています。

まとめ

いかがだったでしょうか。法人銀行印を比較するときのポイントとコツを紹介しました。既に作成してある法人銀行印の劣化による再発注を除くと、法人印鑑を作成するタイミングは突然発生します。それは新規事業の立ち上げであったり、連結子会社の責任者になった時など様々です。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!