白檀の法人印鑑の特徴とよくある口コミQ&A

外国人の子供2人

白檀を使用した法人印鑑の特徴とよくある口コミQ&Aを紹介します。白檀は老若男女問わず多くの方に愛される高級印材として知られています。様々な印鑑の印材がある中で、白檀の特徴や価格帯、おすすめ通販サイトなど詳しくお伝えします。

白檀とは

白檀
白檀はビャクダン科の熱帯性常緑樹で、爽やかで甘い芳香が特徴です。主な産出国はインドやインドネシア・オーストラリアで香りが強く、香木としても利用されています。人口での栽培が難しく、産出国のインドで伐採規制や輸出規制がかけられているため印材としてかなり希少なものとなっています。高貴な香りを放つ印材なので、捺印する度に品の良い香りを嗅ぐことができます。

白檀の価格帯

白檀の法人印鑑の価格帯は12,000円〜30,000円となっています。個人印鑑であれば10,000円以下で販売しているところもありますが、法人印鑑の場合少し値が張るようです。

白檀の印鑑を買うのに適した通販サイトは?

白檀はかなり希少なので、印材として販売している街の印鑑ショップや通販サイトは少ないです。特に法人印鑑で販売しているところがあまりなく、街の印鑑専門店で探すのはおすすめしません。当サイトで紹介している印鑑通販サイト「ハンコマン」なら白檀の法人印鑑を購入することができるためおすすめです。

ハンコマン

ハンコマン
ハンコマンは会社設立に必要な登記用印鑑を販売する即日発送が可能な印鑑通販サイトです。印材の種類が豊富で、低価格の柘(アカネ)や彩華から高価格の白檀や琥珀・チタンまで幅広く販売しています。ハンコマンは完全受注生産で提供しており経験豊富な職人による手仕上げで行われています。また品質には強いこだわりを持っており、木製印材は気温や湿度によって左右されやすいため厳重に育成管理をされた素材だけを厳選して使用しています。
白檀も同様で、質のいい素材だけを使用しているため高品質で香りのいい印鑑を購入することができます。ハンコマンの白檀は法人実印が11,800円〜、ケース付き実印なら12,710円〜販売しています。白檀の法人印鑑3本セット(法人実印、法人銀行印、角印)なら43,500円で販売しています。薩摩本柘など低価格印材に比べると少し高いですが、高級で品のいい印材なので白檀を持っていると品格が上がりますよ♪

白檀のよくある口コミQ&A

手入れの方法は?

白檀は植物性印材なので、丁寧に手入れしたほうが長持ちします。直射日光や過度な乾燥、湿気に弱いので専用ケースに入れて保管することをおすすめします。また、捺印後はしっかり拭き取り、朱肉の油ができるだけ残らないように気をつけましょう。

耐久性はあるの?

白檀の耐久性は中程度となっています。チタンほど耐久性に優れていませんが、薩摩本柘や彩樺などと同程度の耐久性は持っており、長期間使用していても問題はありません。ただし、急な気候の変化や直射日光に弱いので保管に注意しておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は白檀の特徴とよくある口コミQ&Aについて紹介しました。白檀の法人印鑑はハンコマンで購入することができます。ハンコマンなら高品質で低価格な商品を購入することができます。白檀も他の印鑑ショップに比べて安く購入することができるので気になった方は今すぐチェックしましょう!

公式サイトで購入