法人印鑑を購入する前に知っておきたい印鑑のメンテナンス

法人印鑑を購入する前に知っておきたい印鑑のメンテナンス

印鑑を使った後みなさんはどうしていますか?朱肉がついたまま軽くティッシュで拭き取るだけで印鑑ケースに入れている人はいませんか?個人印鑑の場合は印鑑に対してそこまで気を使わなくても大丈夫ですが、法人印鑑の場合、メンテナンスのできていない法人印鑑を使用すると、捺印時の印影が綺麗に写らず印象が悪いだけでなく、汚れた法人印鑑をつかっていると相手先にもいいイメージを与えず恥ずかしい思いをしてしまいます。また、今後長く使っていくためにもメンテナンスは必要なことです。そこで今回は、法人印鑑を購入する前に知っておきたい印鑑のメンテナンスについてご紹介します。

印鑑を使う時の注意すべき点

まず、メンテナンス方法の前に知っておきたいこととして捺印するときの注意点があります。それは捺印時は捺印マットを使用して、朱肉はあまりつけ過ぎないということです。法人印鑑3本セットと同時に購入すべき印鑑グッズとは?の記事でご紹介したように、捺印マットを使用しなければ印影が上手く写らないだけでなく、印面にかかる負担が大きくなり、印面の欠けの原因にもなります。また、朱肉をつけすぎると印面に朱肉が残ってしまい、痛む原因になります。また朱肉汚れを拭き取るときにも手間がかかるので必要以上に朱肉はつけないように心がけましょう

印鑑を使い終わった後のメンテナンス方法

印鑑を使い終わった後のメンテナンス方法
印鑑を使った後のメンテナンス方法のポイントは3つです。

  • 使った後、毎回朱肉の汚れをティッシュなど柔らかい布で拭き取りましょう。
  • 使い古した歯ブラシなどを使って印面を擦り、ホコリや朱肉の汚れを取り除きます。この時力を入れ過ぎないように優しく掃除します。頑固な汚れの場合は歯ブラシに石鹸をつけて印面をこすると綺麗に汚れが取れます。ぬるま湯できれいに流せばたいていの汚れは取れます。
  • 印鑑ケースで大事に保管しましょう。印鑑に使用されている印材は乾燥に弱いものが多いです。そのため湿度や温度の変化を与えないようにするためにも印鑑ケースで保管した方がいいです。

印材別のメンテナンス方法

印材別のメンテナンス方法

柘の法人印鑑のお手入れには、ティッシュなどの柔らかい布を使いましょう。柘などの木材を使用した印材は朱肉染みやすいという欠点があるので使い終わったら、こまめに布で朱肉の汚れを取ることにより、長持ちさせることができます。

黒水牛・オランダ水牛

黒水牛やオランダ水牛のような牛角のお手入れにはオリーブオイルなどの油で汚れを落とすと良いです。牛角には乾燥に弱いという特徴があり、乾燥はヒビ割れの原因になるので冬場の乾燥しやすい時期は暖房器具の近くには置かず、印鑑ケースに保管しておきましょう。また、牛角は虫食いの恐れもあるので、防虫剤を近くに置いておくか、印鑑ケースで保管する必要があります。

象牙

象牙は温度変化に弱いので、夏場や冬場の冷暖房による温度変化には気をつけなければなりません。できるだけ温度変化の少ない場所におき、印鑑ケースで保管しておきましょう。

象牙印鑑を購入するならこの記事がおすすめ:

評判が良い象牙の厳選人気おすすめ法人印鑑セットを紹介しています。今すぐチェック!

チタン

チタンはサビに強く、傷のつきにくい印材なのでお手入れは簡単です。テッシュで取れない汚れは水洗いで汚れを取りましょう。必要に応じて使い古した歯ブラシで擦って綺麗に汚れを落としましょう。

チタン印鑑を購入するならこの記事がおすすめ:

チタン印鑑でおすすめの会社印鑑の通販サイトを紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は法人印鑑を購入する前に知っておきたい印鑑のメンテナンスの方法についてご紹介しました。印鑑のメンテナンスは印鑑を長持ちさせるためにもこまめにやっておく必要があります。綺麗な印鑑を使うと相手からの印象もよく綺麗に捺印ができます。法人印鑑を購入したらぜひメンテナンスを心がけてくださいね。
おすすめ記事:

法人印鑑セットを購入できるお店完全比較しました。ぜひ参考にしてください。今すぐチェック!