法人印鑑はそれぞれ何文字まで入れることができるの?

法人印鑑はそれぞれ何文字まで入れることができるの?

法人印鑑を購入するとき法人印鑑の選び方として、印面のサイズ書体の選び方などをご紹介してきました。会社を設立するときに必要な法人印鑑は主に3種類で、「法人実印」「法人銀行印」「法人角印」で、法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途!でご紹介したとおり、使用用途はそれぞれ異なります。それぞれの印鑑には適したサイズがあり、サイズに伴い刻印することができる文字数も決まっています。そこで法人印鑑を購入する前に知っておくべき法人印鑑の文字数の上限についてご紹介します。

法人実印は印面サイズ18mmの場合、28文字が上限

法人実印は印面サイズ18mmの場合、28文字が上限
法人実印は、会社設立で法人登記の申請をするときに必要になる最も重要な法人印鑑です。外枠に会社名を入れ、内枠に代表者名を入れます。また、どの印鑑通販サイトでも法人実印の印面サイズは16.5mm、18mm、21mmの3種類の中から選ぶことができ、最も推奨されているのが18mmとなっています。各印面サイズでの文字数上限は下のとおりです。

16.5mm 外枠・・・16文字
内枠・・・8文字
18mm 外枠・・・18文字
内枠・・・10文字
21mm 外枠・・・22文字
内枠・・・14文字
法人銀行印の場合も同様の上限文字数となっています。法人銀行印は法人実印よりも一回り小さい16.5mmが一番人気のサイズなので、外枠16文字、内枠8文字が上限です。

法人角印は印面サイズ21mmの場合、36文字が上限

法人角印は印面サイズ21mmの場合、36文字が上限
法人角印は会社名が入った四角い印鑑のことで、法人実印や法人銀行印ほどの重要性はありません。領収書や納品書などの書類に判を押すときに使われます。どの印鑑通販サイトでも法人実印の印面サイズは18mm、21mm、24mmの3種類の中から選ぶことができ、最も推奨されているのが21mmとなっています。各印面サイズの文字数上限は、

18mm 25文字
21mm 36文字
24mm 49文字

法人印鑑セットを買うならインカンズドットコム

inkans.com
高品質で格安の法人印鑑を購入できる「インカンズドットコム」は、inkans.comなら会社設立に必要な法人印鑑3本セットがお得の記事でもご紹介した通り、法人実印、法人銀行印、法人角印それぞれ単品で購入するよりも法人印鑑3本セットで購入するほうが断然お得です。柘(アカネ)の場合8,480円〜販売しており、高級材質のチタンの場合でも28,880円〜とかなりお買い得になっています。

公式サイトで購入

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は印面に刻印することができる文字数の上限についてご紹介しました。印面サイズによって刻印可能な文字数が異なります。そのため印面サイズを選ぶ際は、刻印したい文字数によって選ぶということも考えたほうがいいですね。上限文字数に注意して相応しい法人印鑑を購入しましょう!