法人印鑑の書体種類と選び方で気をつけるポイント

法人印鑑の書体の種類と選び方の気を付けるべきポイント

法人印鑑を初めて購入するとき、何を基準に購入すれば良いのかわからないですよね。印材の種類、サイズ、柄デザイン、形、書体など購入する人によってどこを基準にするのかは様々です。前回、法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑!の記事でサイズは規定があり登録できる印鑑サイズの上限下限があるということをご紹介しました。今回ご紹介する”書体”はサイズのように規定があるわけではありませんが、選ぶときに気をつけるポイントがあります。そこで今回は法人印鑑の書体の種類と選び方の気を付けるべきポイントについてご紹介します。

法人印鑑を作るときの基本的な書体の種類

法人印鑑を作るときの基本的な書体の種類

篆書体

篆書体は日本銀行が発行している1万円札に捺印されたはんこの書体で、日本で最も古いと伝えられている「漢委奴国王印」に印されているほど歴史の長い書体です。古い文字が多いため、現在使用されている文字とは形状が異なる場合が多いですが、吉相体よりも読みやすい形状なのが特徴です。可読性が低いが、吉相体ほど読みにくくもない丁度いい難しさの書体として法人実印や法人銀行印として人気です。

篆書体には、太枠篆書体という書体もあります。太枠篆書体とは中の文字を細くして外枠を太くした書体のことです。篆書体よりもスッキリ整った印象になり女性に人気の書体です。

吉相体(印相体)

吉相体(印相体)は八方篆書体とも呼ばれ、篆書体をもとにして中心から外に向かって八方に流れるような書体のことを言います。開運用の印鑑としてよく使用されている書体です。篆書体よりも可読性が低く、複製が困難な書体なので法人印鑑でもっとも重要な法人実印の書体として使用されることが多いです。

古印体

篆書体や吉相体と比べて可読性が高く、認印やネーム印として使われている書体です。膨らみ、欠け、途切れといった古印体独特の線で作られます。

隷書体

読みやすさを重視し、篆書体をもとに簡略化した書体です。横長の形状になるのが特徴です。読みやすさから認印としてよく使用されています。

その他にも、筆で書いたような柔らかい文字が印象的な行書体や、一番馴染みのあるオーソドックスな書体の楷書体もあります。

法人印鑑を作る時に気を付けるべきポイント

法人印鑑を作るとき可読されにくく、セキュリティー性の高い書体を選ぶのがもっとも重要なポイントです。簡単な書体にしてしまうと、誰でも簡単に複製することができます。そのため、法人印鑑として特に重要な法人実印や法人銀行印は古印体などの可読性の高い書体ではなく、可読性の低い篆書体や吉相体を選ぶと良いです。

簡単に偽造されないためにも、可読性の低い書体を選びましょう!

人気の法人印鑑はインカンズドットコム

法人印鑑セットならinkans.com
法人印鑑として人気のインカンズドットコムは、今回ご紹介した6種類の書体から自由に選ぶことができます。高品質で低価格な印鑑通販サイトとして有名なインカンズドットコムでは今、会社設立応援キャンペーンとして法人印鑑3点セットや法人印鑑4点セットが最大30%OFFと大変お買い得になっています。さらに送料無料で、最短即日発送も可能となっており初めて購入する方にはかなりおすすめの商品です。

公式サイトで購入

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は法人印鑑の書体の種類と選び方の気を付けるべきポイントについてご紹介しました。印鑑には様々な書体があり、それぞれ特徴が違います。可読性の低い篆書体と吉相体は一般的に法人印鑑として人気の書体です。ですが、その会社に合った書体を選ぶことが重要です。たかが書体と思われがちですが、印鑑選びとしてとても重要な要素です。ぜひ参考にして印鑑を選んでくださいね♪