法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途!

法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途!

様々なビジネスシーンで必要となる法人印鑑。新しく会社を設立するときに必要なものです。会社設立で法人登記申請をするとき会社印鑑は必要なの?の記事でもご紹介したとおり、会社を設立させるには法人登記の申請を必ず行わなければならず、その申請書類に法人印鑑が必要です。そのためどの会社も会社設立時に法人印鑑を購入しています。会社設立の応援キャンペーンとしてよく販売されている法人印鑑3本セット。法人印鑑3本セットの内訳は法人実印、法人銀行印、法人角印の3つで、これら3つが会社を経営していく上で主に必要な印鑑です。3種類それぞれどんなときに使用するのかご存知でしょうか?そこで今回は法人印鑑3種類についてそれぞれの印鑑用途についてご紹介します。

法人実印

法人実印
法人実印は会社設立のときの法人登記を申請する際に法務局に届け出をする印鑑のことで、もっとも重要な法人印鑑です。

法人実印は外枠に「株式会社◯◯◯」などの会社名が記され、内枠には代表者名が記されています。法的効力を持つ非常に重要な印鑑で、契約書など対外的に契約を結ぶときに必ず必要になるもので「代表者印」とも言われます。

法人実印を押された書類は、会社の正式な意思決定であるという証拠とみなされるので、他社と契約を結ぶ時などの重要なときにだけ押される印鑑です。法人実印のサイズは18mmが一般的な大きさで、1辺が1cm〜3cmの正方形枠内の大きさという規定があります。

法人実印を変更する時は法務局で改印手続きを行う必要があります。改印届出書、新たに登録する法人印鑑、代表取締役など印鑑届出者の実印とその印鑑証明書の提出が必要になります。

法人銀行印

法人銀行印は会社設立時、銀行口座を開設する際に銀行に届け出をする印鑑のことで、普通は法人実印と分けて使用します。法人銀行印は預金の払い戻しや、手形や小切手などを発行するのに必要な印鑑です。

法人実印と同様に外枠には屋号が、内枠には代表者名が記されています。大きさについては通常、法人実印よりも一回り小さく、16.5ミリが一般的な大きさとなっています。

法人角印

法人角印は四角い印面に屋号が刻印された印鑑のことで、法人実印や法人銀行印などのような届け出は特にありません。一般的に契約書以外の見積書や、領収書、請求書などの書類に押されます。法的な効力はなく、あってもなくても法律的には問題のない印鑑です。法人角印の大きさは1辺2cm〜3cmが一般的になっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は法人印鑑3本セットを作成する前に知っておきたい印鑑用途として、「法人実印」「法人銀行印」「法人角印」について詳しくご紹介しました。大抵の法人印鑑3本セットはこれら3つのセットとなっており、一番低価格で購入できるのがインカンズドットコム。ここでは最安値が8,480円と超破格の値段で販売していますよ。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!

女性経営者におすすめの会社印鑑3本セット10選を紹介しています。大人オシャレな雰囲気を演出したい女性経営者にピッタリな印鑑が見つかるはずです。