法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑!

法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑!

法人印鑑サイズの選び方を理解しておくことは重要です。なぜなら、法人登記や印鑑証明に登録できる印鑑サイズは下限と上限があります。ただし、基本的に当サイトで紹介している印鑑通販で購入すれば登録できない規格外の法人印鑑を作ってしまうといったようなミスは発生しません。ここで法人印鑑サイズの基本的な選び方を勉強しましょう!

法人印鑑サイズの選び方

法人印鑑サイズの選び方
法人印鑑サイズは印鑑の種類によって異なります。最短即日発送が可能な印鑑専門通販サイト3選という記事でも紹介していますが通常、法人印鑑3本セットで代表者印(実印)と法人銀行印、角印を作成します。

各種印鑑の一般的サイズ

各種印鑑の一般的サイズは下記の通りです。

  • 代表者印(実印)……18.0mm or 21.0mmが一般的なサイズです。
  • 法人銀行印……16.5mm or 18.0mmが一般的なサイズです。
  • 角印……21.0mm or 24.0mmが一般的なサイズです。

上記の通りとなっています。10.0mm以下、28.0mm以上の法人印鑑を作成すると色々な手続きで不具合が生じます。上記の印鑑サイズはどの印鑑通販でも推奨されているサイズなのでこちらのサイズを選ぶようにしましょう。

手の小さい女性だったら各種印鑑の小さい方のサイズを選ぶようにすると捺印がしやすくなります。印鑑は長年使用するものなので自分の手にフィットする物を選ぶことも重要ですが、サイズは多く用意されていません。男性は大きいサイズ、女性は小さいサイズを選ぶようにしておくのが無難です。

おすすめ法人印鑑3本セット

おすすめ法人印鑑3本セット
おすすめの法人印鑑3本セットはinkans.comなら会社設立に必要な法人印鑑3本セットがお得という記事でも紹介していますが、7,880円から作成できる印鑑3本セットです。10年保証がついているアカネ印材を使用した印鑑で象牙チタンと比較すると耐久性に劣りますが、通常の使い方だったらまったく問題なく使用できます。編集部が作成した印鑑もすでに4年目に突入していますが、壊れる気配は一切ありません!

公式サイトで購入

まとめ

いかがだったでしょうか。法人印鑑サイズの基本的な選び方とおすすめ印鑑を紹介しました。法人印鑑は法人登記の手続きなどで確実に必要となってくるビジネスツールです。独立・起業、会社員で新規事業所の立ち上げや子会社の設立準備などを経験する方もいると思いますが、法人印鑑の発注は人生で数回しかない経験です。だからこそ確実にミスがないようにすることが大切です。法人印鑑サイズもしっかりと理解しておいて損はありませんよ。ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!
合わせて読む:

高級な会社印鑑を選ぶなら今人気のチタン印鑑がおすすめです。ここではチタン印鑑の人気の理由とおすすめのチタン印鑑についてご紹介してます。